スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【くらしナビ】生理用品、積極的に選んで 自分の体を知るきっかけに(産経新聞)

 月経のある女性が毎月お世話になる生理用品の代表格といえば、ナプキンとタンポン。皆さんはふだん何を基準に選び、使用していますか。「いつも使っているものだから…」という“何となく”派ではないですか? 今も昔も変わらない日常生活での生理をめぐる悩み。積極的な生理用品選びは、生理を快適にして、自分の体を知ることにつながるのです。(河西沙英子)

 ◆ナプキン派8割

 生理用品の国内シェア1位を占めるユニ・チャーム(東京都港区)が、18~49歳の定期的に生理がある全国の女性(妊娠中の人は除く)を対象に昨年12月、インターネットで行った「生理用品に関する1万人調査」によると、日本人女性の76・5%がナプキン使用者であるのに対してタンポン使用者はナプキン併用含め23・0%にとどまった。

 生理時の悩みについて、もっとも多かったのが「経血のもれ」で、9割が「気になる」と回答。「におい」「蒸れ」「かぶれ」を気にする声も半数以上あった。

 ナプキンは体勢を変えたときにずれることがあり、万一もれたときのために、「薄い色の服は着ない」(79・0%)「運動を控える」(46・4%)など、日常生活に制約をもうけている人が多いことがわかった。

 ◆タンポンの勧め

 こうした現状に、神奈川県立汐見台病院産婦人科産科、早乙女智子副科長(48)はタンポンの使用を勧める。

 「体内で経血を吸収するタンポンは、もれや蒸れなど、ナプキン使用時に起こる問題をほとんどクリアできます」

 ナプキンよりも小さいタンポンは、旅行時にかさばらずに済み、温泉やプールにも入ることができる。

 これらは女性だれもが分かっているはずなのに、なぜ使用率が低いのか。早乙女さんは理由として、装着に慣れが必要で、初めて使うときには、ナプキンよりも「抵抗感」があることが考えられる、という。

 生活の中でも月経は高度にプライベートな事柄。そのため、友人の間でも生理用品について話題にしにくいという事情はある。しかし、せっかくのメリットを生活に生かさないのはもったいない。

 ◆本当に合うものを

 最近では布ナプキンや水に流せるものなど生理用品も多様になってきた。自分に本当に合うものを見つけてほしいと早乙女さんは話す。

 「生理用品の選択肢を積極的に検討することで、自分の体を見つめるきっかけとなります。自分に適した生理用品を使えば、月経によって起こる痛みなどの生活上の不都合を和らげ、快適な毎日を過ごすことができます」

 また同時に、月経の仕組みや、自分の体のサイクルを意識することにつながる。さらに体への意識は、避妊や子宮内膜症などの婦人科系疾患についても関心を持つきっかけとなるという。

 「女性が自分の体を管理する姿勢は、まず生理用品をしっかり選ぶことから始まると思います」。早乙女さんはこう強調した。

                   ◇

 ■画期的「シンクロフィット」

 「ナプキンとタンポンの中間」と表現される新しいタイプのナプキンが登場している。ユニ・チャームが平成20年に製品化した「シンクロフィット」はナプキンより小さく、女性の体にフィットする挟むタイプ。使用後はトイレに流せるというのが最大の特徴で、訪問先などで使用済み生理用品の処分に困るといった悩みを解決する画期的な製品だ。ナプキンは外で吸収、タンポンは中で吸収するが、「シンクロフィット」は経血の出口で吸収する。足さばきもよく、ずれやもれの恐れが低いため、動作の多い仕事の女性に向いているとされる。「シンクロフィット」の前身の商品も含め、開発に8年かかった。

EPA初の国試合格、「本格的サポートが必要」―日看協・小川常任理事(医療介護CBニュース)
オウムと信じた初期捜査、唇かむ公安部元幹部(読売新聞)
大阪府立高教頭を現行犯逮捕=自宅に大麻所持容疑-奈良県警(時事通信)
わいせつ致傷容疑で小学教諭逮捕=女子大生に馬乗り、胸触る-愛知県警(時事通信)
機密情報保全へ事務レベル協議=米の懸念に対応-外相会談(時事通信)

アートナイト 一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)

 街全体を美術館に見立てる一夜限りのイベント「六本木アートナイト2010」が27日、東京・六本木地区で行われた。フランスの「カンパニー・デ・キダム」は夢をイメージした幻想的なパフォーマンスを披露。メンバー5人が身にまとった大きな白い布の中に空気を入れ、高さ約4メートルの風船状の「白い巨人」に変身し、大勢の観客を楽しませた。

 夜通しのイベントで、今年で2回目。六本木にある美術館や商店街振興組合などが連携して実施した。【岸桂子】

【関連ニュース】
博多火災:被災ラーメン店1週間ぶり再開
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で9店舗焼く
福岡・博多川端商店街火災:博多町家ふるさと館、復興に義援金/福岡
米子市:商都、再生 にぎわい復活--3拠点、きょうオープン /鳥取
壁画:「モトコー」にアート 大学生ら、中央区・元町高架通商店街で /兵庫

<茨城遺棄>遺体の身元判明 油で焼かれ切断(毎日新聞)
<さい帯血バンク>宮城のNPO法人が経営危機(毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)

NHKニュースの登坂アナ 札幌転勤でアイドル扱い(J-CASTニュース)

 NHKお昼のニュースなどでお馴染みの登坂(とさか)淳一アナ(38)が、異動先の北海道で特別待遇を受けていると話題だ。そのホームページで、アイドルのように七変化の顔を披露しているのだ。どうやら、3年前に急に白髪になって心配の声が相次いだネット上の人気に、NHKが目を付けたらしい。

 普段はあまり表情を変えない登坂淳一アナが、笑っている。それも、ちょっとウインクしてみたり、はにかんでみたり…。白髪は変わらないが、七変化どころか10通りも顔写真があるのだ。

■白髪への急変に続いて脚光浴びる

 これは、NHK札幌放送局のホームページにある北海道の新年度番組の特設サイトだ。

 登坂アナは、1997年にNHKに入局し、和歌山、大阪を経て、06年4月からNHK平日の全国放送「正午のニュース」などに出ている。新聞には「さわやかで清潔」「まじめな好青年」との読者の声が寄せられており、ミクシィでも、約4000人が参加するコミュニティがあるほどだ。ネット上では、その公家のような顔にちなんでか、「麿(まろ)」の愛称で呼ばれている。

 そんな登坂アナが脚光を浴びたのは、2007年夏ごろ。数か月のうちに、髪の毛がみるみる白くなっていったのだ。ネット上では、あまりの変化に病気や心労があるのではといった心配の声が相次ぎ、内外の一部ニュースでも取り上げられた。

 その情報では、もともと若白髪で、白髪染めを止めたためという。しかし、なぜ止めたのかも含めて、真相はナゾだ。

 そして、登坂アナは、またまたネット上で脚光を浴びることになった。今度は、10年3月29日付で札幌に異動となり、そのホームページでアイドルのように取り上げられているからだ。

 2ちゃんねるをまとめた「ニュー速VIPブログ」などでも話題になり、「テラ爽やかワロタw」「麿かっけえええええええええええ」「まるでファンサイトだな」と特別待遇に驚きの声が上がっている。

■若い女性らと記念写真、素顔は気さく?

 もちろん、「やりすぎwwww」「何このセンス」といった声もなくはない。が、ミクシィのコミュニティでも、全国ニュースで見られなくなることへの嘆きやその人気ぶりに驚く声などが次々に書き込まれている。

 異動理由について、真相は分からないが、NHK広報局では、「新番組に伴う全国規模の通常の人事」としている。北海道新聞の2010年3月13日付記事によると、東京へ戻る森田美由紀アナと同じビッグネームをと地元から熱望されたからだという。

 登坂淳一アナは、29日から平日夕方の新番組「ネットワークニュース北海道」のメインキャスターを務める。いわばプロ野球で言う大型トレードで、いよいよ本格的なキャスター修業をするということなのか。

 NHKでは、「この番組はNHK北海道を代表する番組であり、新たなキャスターが登場して番組が変わることをアピールするため、登坂アナウンサーを前面に出した広報戦略を展開しています」とコメント。一方、当の登坂アナは、札幌放送局で12日に行った会見で、東京都出身で北海道は初めて暮らすとしたうえで、「新しい気持ちでチャレンジしたい」と抱負を語っている。

 メインキャスターなら、人間的魅力も発揮しなければ人気が続かないだろう。表情から読み取りにくいが、登坂アナは、どんな人柄なのか。

 NHKサイトの紹介では、リフレッシュ術として、「仕事の後に親しい先輩と思いっきり飲むビール!」と挙げられている。ネット上では、先輩や若い女性と飲んだ後に撮ったと思われるプライベートの記念写真も出回っている。こちらは表情豊かで、自信にあふれているようだ。2ちゃんでは、「リア充臭がプンプンする写真だ」「やらしそうだ」といった感想も出ており、素顔は、気さくでエネルギッシュな面があるのかもしれない。

 慣れない新天地とあって、ネット上では早くも、「また白髪が多くなるな…」と心配の声が出ている。新番組本番では、自らのキャラをどう嫌みなく発揮できるかが、キャスターとして成功のカギになりそうだ。


■関連記事
美人すぎるNHKアナ 小正裕佳子早くも注目 : 2009/03/29
「2ちゃん」キャラ「やる夫」  NHK一転番組HPから削除 : 2009/04/02
NHK「2ちゃんねる」を分析、研究 番組制作に役に立つ? : 2009/05/25
「結婚式スピーチ」のコツ、アナウンサーが教えます! : 2008/04/14
NHKスタジオパークで新春生放送を公開 : 2007/12/25

「温暖化基本法」疑問続々 「日本の成長止まる」 中部大・武田教授が指摘(産経新聞)
野焼き3人死亡 安全性は感覚で判断 4団体代表が会見(毎日新聞)
薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 仙台地裁(河北新報)
赤信号「見落とした」パトカー交差点で事故(読売新聞)
住宅全焼、18歳の女性が死亡か 東京・八王子(産経新聞)

<雑記帳>「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)

 島根県出雲市の建設コンサルタント会社「ワールド測量設計」などは25日、周波数を測定することで樹木内部の腐朽を調べる簡易診断装置「ぽん太」を開発したと発表した。

 超音波方式の機器などは大がかりな装置が必要で高価だが、ぽん太は9万9750円。ハンマーでたたくだけで診断が可能で、初期診断が誰でも手軽に行えるという。

 商品名は樹木をたたいた時の音からで、キャラクターにはタヌキを使用。開発に携わった担当者は「とにかく簡単。化かされたと思って使ってみて」と自信満々。【細谷拓海】

【関連ニュース】
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
鶴岡八幡宮:「無事に育って」…移植の大銀杏を一般公開
<写真特集>春の美しい草花がたくさん 毎日植物園
<特集>全国各地の桜情報
全国の桜開花情報

<普天間移設>鳩山首相「県内」強く示唆(毎日新聞)
市橋被告への支援金100万円突破 「適正な裁判受けさせるため」恩師が募集(J-CASTニュース)
老人施設「たまゆら」火災で運営団体のNPO認証を取り消し(産経新聞)
<雑記帳>議会委員会室を児童らに開放 千葉・鎌ケ谷(毎日新聞)
<政調費>任期満了前の支出、必要性なければ違法 最高裁(毎日新聞)

高1長女の交際相手殺害、父親に懲役8年判決(読売新聞)

 高校1年の長女と交際していた無職男性(当時38歳)を刺殺したとして、殺人罪に問われた熊本県植木町投刀塚(なたつか)、会社役員上野祐斎被告(43)の裁判員裁判の判決が19日、熊本地裁であった。

 柴田寿宏裁判長は「包丁の刃が腹部に埋まるほど強い力で刺しており悪質」と指摘する一方、「長女の将来を案じて交際をやめさせようとした親心は十分に理解できる」と述べ、懲役8年(求刑・懲役12年)の実刑判決を言い渡した。

 判決によると、上野被告は昨年9月8日、長女の交際相手だった同県長洲町、洲崎昌司さんを自宅兼会社事務所に呼び出し、口論となった。その際、洲崎さんともみ合いになり、腹部を包丁で2度刺して殺害した。

 弁護側は公判で「身を守るために夢中で包丁を突き出した」と殺意を否認していたが、判決は「被害者の腹部に刺さると分かっていながら、あえて刺した」と殺人罪の成立を認めた。

 量刑については、「被害者が約束を破り、長女と会っていたことを知って立腹した。犯行に至る経緯は同情の余地がある」と指摘した。

 判決後の記者会見に応じた裁判員経験者の40歳代の男性会社員(熊本県山都町)は「被告の長女と同じ年頃の娘がいるので、被告と自分がだぶった。どこの家庭でも起こりうる事件だと考えて、評議では意見を言った」と振り返った。

死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡-熊本県警(時事通信)
<JR山手線>浜松町駅で女性はねられ死亡 31本に遅れ(毎日新聞)
反対派住民が説明会阻止(産経新聞)
<地方分権委>志半ばの「退場」 31日で活動終了(毎日新聞)
警官のネクタイ引っ張り抵抗、女性米兵逮捕(読売新聞)
プロフィール

おざきけいじ

Author:おざきけいじ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。